春の日、春の白さに僕、負けた。 
晴れた日、空の高さが僕、責めた。

春一番、雪も溶けた。新芽も出た。ほら、蕗の墓。
皆、気分が昇るのなら、僕が独り落ちたのと一緒。

おろし立ての、新しい服。外套脱いだ。前を見てる。
皆、気分が暖かいのなら、僕が余計に寒くなる。

「置いてけ堀、裏の裏は表じゃ無い。」

春の日、春の白さに僕、負けた。 
晴れた日、空の高さが僕、責めた。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   何処の青さに君、負けたへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧