声は星屑に 口吟めば瞬き
何処までもこのままで、流れて、また、光る

いつの日か、帳、闇、隠れる夜の、訪れ
指先に覗き穴、みえてたものを、忘れないように

包む、音

無くさないように

ただ手を、かさねて

彼方の、空から、涙
誰の歌う、理由に乗せ
そこで誰が、どんな願い抱き、流れゆく?

彼方の、空から、何か
消える言葉、知りたくて
それでも、届かず
また、天から今、溢れてくる涙

ひとつふたついくつもの
星を数えてた

僕はひとつふたついくつもの
光覚えてる

今でも

流れ消えて、遥か
誰の歌う、理由に乗せ
星は遠く、どんな願い抱き、流れる?

彼方の、空から、涙
誰も願う、想いを乗せ
そこでだれが、どんな願い込め、叶えてく?

彼方の、空から、僅か
手を伸ばせば、届くような
それでも、遥かな星
まばゆい程、空を包む、涙


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   シアロアへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧