ネジを巻き過ぎて壊れてしまった大事なオルゴール
抱きかかえたままひとり膝をついた
臆病になったあなたの言葉が床に転がってる
誰も帰っては来ない部屋203

『きみが居ればぼくはもう何も要らないから』
とあの日あんなに言ったのに壊れてもう戻らない

抱きしめてキスして飛び越えて
あなたとならどこへでも行けるんだよ
耳を塞いだあたしをあなたが
抱きしめてくれるだけでよかったのに

茎が伸び過ぎて折れたチューリップみたいな声で鳴く
創作意欲なくしてしまった元自称アーティスト
人生の台本書けなくなった彼の悲しみを
誰も知ることはないでしょうこれからも

『大人になったあなたには必要のないもの』
なんだって言われたってきっとずっと変わらないものが在る

抱きしめてキスして飛び越えて
あなたとならどこへでも行けるんだよ
不安で震える夜にあなたが
隣に居てくれるだけでよかったのに

抱きしめてキスして飛び越えて
心配しないであたしが居るから
約束したじゃないどんな時も
あたしだけはあなたの味方だよって

抱きしめてキスして飛び越えて
あなたとならどこへでも行けたのにな
耳を塞いだあなたをもう一度
抱きしめてあげられる日がきますように


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   恋暴動/DAIKIRAI-DAISUKIへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧