幸せの定義 それを解くほどの言葉なんて言えないけど
人一人くらい笑顔にできたら そう思ったりして

傷付けられて臆病になって
声も出せずに塞ぎ込んでいるなら

涙が止まらなくて どうしようもなくて辛いならどうかこの詩を
僕ら泣き叫んで生を享けた
いつもそう泣きたい時は誰かの胸で
それがこの詩でもいい


時には泣いて時に笑って
どっちの方が多いかなんて数えたらキリがない
とりあえずほら笑ってみせて

傷付けられて臆病になって 声も出せずに溢れる涙
不安で押し潰されて息もできなくて

本当に君が孤独だと言うのなら

もしも僕がいつか死ぬとしても この詩だけ遣ればいいから
どうか忘れないで笑いあった日々を
あのね僕は夢を見て 少しだけど前に進めた 君がいたから
もしも迷いそうになった時は
君の道標にこの詩を

   【VIper】へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴