太郎は4m超の巨大な醜女である。
いつからか「まち」の「まなつのまつり」の土台となった。

彼女は片腕失い(だから土台は傾いていたのだ、
厳密には三ツン這イ太郎である。)、意識さえなくなりかけている。
もはや「まち」でも彼女のことを知るものはいない。

だけど drop down on all fours.
二人は気づいた。
drop down on all fours.
Rhinitisの彼女に。
だから drop down on all fours.
彼女を連れ出し。
drop down on all fours.
呪縛を解いた。

そして drop down on all fours.
二人は見つけた。
drop down on all fours.
彼女の腕を。
だから drop down on all fours.
彼女に返した。
しかし突然に頭抱えた。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   泣き声で気づいた。-つめたいあさやけ-へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント