皮を剥いで 広げた羽 似てしまった 夜のコウモリ
鉄を固め 仰いだ羽 似せてみせた 昼の狂気の鳥
わりとすぐに怒る気ままな人の神のじつに人らしい言

望み過ぎちゃいけない 恐がり過ぎてもいけない
無理難題 どうしようもない そちらの方はどうだい

神様すらろくに分かっていない 理想なんて矛盾させるものだから
お好きにしたまえよ中空で 上も下もあってないようなものだから
皮も鉄もどちらでもよく ただ欲しい羽に変わりはない

似てしまった 人のコウモリ 自分を削ってあざ笑われるもの
似せてみせた 人の狂気の鳥 他人を削って憎しみ羨まれるもの

望み過ぎちゃいけない 恐がり過ぎてもいけない
そちらは安心かい あちらは不安かい
どちら様が完璧かい それで君の方はどうだい

うろ覚えの歌を嫌う僕の 思想なんて破綻させるものだから
好きにさせてもらう中空で やがて消えるバランスにさよなら
神様すらろくに分かっていない 理想なんて矛盾させるものだから
お好きにしたまえよ中空で 上も下もあってないようなものだから
皮も鉄もどちらでもよく ただ欲しい羽に変わりはない

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   萬の夜に鳴くしゃれこうべへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧