街に光が差し込んでく 召しませ甘い果実
後どれ位この景色を迎えれるだろう

たとえ世界が終ろうとも ただ貴方といたいだけ
誰も彼もうらやむ ここが楽園なのさ

波打ち際をあてにして軽快な鼓動とスピードで
南へ向かえば

裸の太陽を浴びて永遠を奏でるのさ
胸は躍らせたまま
熱き水しぶきあげて虹色に輝いてる
貴方へ届いた空

情熱の浪漫を手にして 召しませ甘い果実
何処も彼処もありふれてる楽園なのさ

二つの影が重なってやがて水平線上へ
渚へ唄えば

裸の太陽を背に青空へ羽ばたくのさ
陽に灼けた頬を寄せて
火花のように飛び散って胸に身を焦がしていく
貴方と見たあの空

I will see sunrise together even though the world end.

「心をつたえば」

裸の太陽を浴びて永遠を奏でるのさ
胸は躍らせたまま
熱き水しぶきあげて虹色に輝いてる
貴方へ届いた空

鮮やかに色付いては赤裸々に叶えてゆく
波に身を任せて
火花のように飛び散って胸に身を焦がしていく
貴方と見たあの空

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   CARNIVAL浮世 ~大~へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧