白昼に意識揺らす眩しい陽射し
過ぎ去る記憶の断片が誘うように語りかけた

消耗する時間と押し寄せる焦燥感の
狭間で耳をすましていた 聞き覚えのある誰かの声 悲痛に

突き刺す光の粒子 描く景色
どこかで観たような感覚 震える胸 訳も無く
儚く堕ちる花弁見つめては
限りある生命に強いた 掴むべきものが解りかける 夜明け

途切れたいつかの想い 手繰り寄せた
水面に映る月が歪みながら 問いかける

無数に連なる螺旋が絡み合って答えを弾き出す

目覚める
全て自ら決めていた物語
望んだ結末

創った世界

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   RESULTへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧