“最後に人は星になる”ってさ
そんな台詞を思い出すけど
見上げてもただ星があるだけ
昨日と同じ空を見ただけ

移り行く毎日は 何処へと向かってるんだろう
始まれば終わること それだけは知ってるけど

笑われないように背伸びして
消えてしまう前に手放して
今を誰かのせいにしながら
退屈だなんて呟いてる

今が変わらないのは 僕が変わらないから
本当はわかってるのに 昨日を繰り返した

最後の最後の日に これで僕は笑えるのか
シアワセだった 悔いなど無いと
精一杯に生きてきたってさ
最後の最後の日が 明日来たら笑えないんだ
それが今の僕なんだって それが今の…

笑われるほど泣いても良いんだよ
呆れるほど悔やんでも良いんだよ
それが背伸び無しの僕ならば
それが背伸び無しの君ならば

どんな言葉が 僕の最後の一言だろう?
今はわからないけど 今はわからないけど

最後の最後の日が 明日来たら笑えないんだ
それが今の僕なんだって それが今の…

最後の最後の日に まだ未来を話せるような
描けるような 照らせるような そんな人に 僕はなりたい
星になりゆく日々に 巡る思いを 命の声を
歌にしたんだ 伝えたいんだ
僕は僕に そして大切な人に

最後が今の その続きなら
今の僕が 最後を作るんだよ


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   未来の始めかたへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧