零れ落ちる希望の雫 また掬い上げても意味が無いと
ここで終わりにしても誰一人君を責める事なんてしないだろう

この世界は残酷で 目を背ける君に
哀しみを与える手を決して止めはしない

全て失った無音の闇に 聞こえずにいた声が呼びかけていた
まだその命の灯を燈して 見ようとしなかったものに目を合わせて

祈りは風に乗って 絞り出した声に
反応して波動は絶望を砕いていく

消さないで 芽生えた願望 渇き焦がれるほど輝いて
膝をつき嘆いていても 救いの手は掴もうとする者にしか触れない

この世界は明白で 諦めない君に
誰もまだ知らない可能性を示す

閉じないで 宿した衝動 激しく震えるほど息づいて

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   RESONANCEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧