美しい。
そう感じたモノに沈んで、浮かんで。
それだけ それだけで
胸は膨らみ 息をしていた

邪魔は 忘れた頃に
御構い無しにやってくる
こっちも解ってやってる
「私」の為の闘い
次から次へ押し寄せる 感情の切れっ端に
流されるなんて まっぴらさ

二度と戻らない 流れに逆らい
この瞬間に 見つめた永遠
このままで居させて もう少しだけ

重りになる ― 纏った「好き」さえ

脱ぎ捨てて どこへ行く?
確かめたら 忘れないから
浮かんで 息をしてれば ただ明日は来る

   ラズルダズルへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴