駄々こねる 子猫から 飽くリズム
沙羅双樹 浮かべようか きみの手に

風 揺れる カーテンに 巻くエレジィ
きっと 明日の今頃はもぬけの殻

堰を切った 夜明けと 七色の雲
自分さがす為にいつか 自分置き忘れてた
雨が上がるように きみを想うよ
届くように 届くように フォーカスを合わせよう

駄目押しの 悪夢から 醒め果てて
沙羅双樹 浮かべようか きみの手に

風 揺れる カーテンに 巻くエレジィ
きっと 明日の今頃はもぬけの殻

堰を切った 夜明けと 七色の雲
自分さがす為にいつか 自分置き忘れてた
雨が上がるように きみを想うよ
届くように 届くように フォーカスを合わせよう

熱が冷めないまま 手を伸ばせば もう
離れてゆく 花の定め 時は儚いまま
堰を切った 夜明けと 七色の雲
自分さがす為にいつか 自分置き忘れてた

雨よ天に昇れ 魂よ叫べ
届くように 届くように 送り火を燃やすから
早々。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   革命開花-Revolutionary Blooming-へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント