来と来て籟籟 白痴な傀儡 彼方此方其方 からりころり
影踏み縛りて腹這う蛇の目 褥咲く二枚舌

ひふみと宵宵 とんとん拍子に真っ赤な手手つく手毬唄
まんまる眼 狐狗狸 まろびたる 其方の血首毬

障子に映る影法師 喀血に裂いて赫

揺らぎ!揺らぎ!

いろはにほへと 血に塗れど
あ、あ、うねり 真逆様に
結んで開いて股開いて
土留色に露 栗と栗鼠
眼窩を巣食う葉見ず花見ず 朔
奥まで螺子広げて

泡立た煮えた た た

畳の目を這い襖の隙間を 彼方此方其方 ぬらりくらり
からきりくれなゐ生糸を引いて

返す手の裏の下から

「見えた」

いろはにほへと 血に塗れど
あ、あ、くねり 四つん這いに
結んで開いて股開いて
引き攣る数多 蚯蚓溜まり
十重二十重に犇めき手招いた
奥まで喰らい召しませ

帆かけ茶臼 菊一文字 鵯越えの逆落とし 深山

「もういいかい」

「まだだよ」

いろはにほへと 血に塗れど
うねりくねりませ 渇き呻き
結んで開いて首挟んで
おいでやおいで 鶫で居れば
惨憺たる顛末は叫喚の沙汰
艶然たる毒を以て面皮剥ぎ蛻く殻

泡立た煮えた た た


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   私塗レへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント