たとえばこの肌の色も
信じる神様の違いも
どこかで繋がっているならばいいな

戦いを愛する風も
憎しみを貫いた雨も
見て見ぬふりはもうできないよ ミザリィ

笑えば 伝うほどの 痛み背負って
愛を歌っていて レインボウ
夜明けを待たずともさ
一つになれるそんな気がした レインボウ

銃声が鳴り止まなくても
歴史に押しつぶされそうでも
今夜なら優しくなれる気がしてんだ

聞きたくないどんな罵声も
違いが引き起こした波も
今夜なら君と愛せる気がしてんだ

笑えば 伝うほどの 痛み背負って
愛を歌っていて レインボウ
夜明けを待たずともさ
一つになれるそんな気がした レインボウ

君と僕 誰かのために 架かる虹は色んな色だ
その色を赦した心は きっと明日より綺麗な場所だろう

いつだって 誰も同じじゃない 当たり前だ
愛を飾ってくれ レインボウ
夜明けを淡く灯し
無様に架かる 僕らの虹よ 大丈夫さ
行こうよ ミザリィレインボウ
違いを赦して 違いを愛して
互いを照らしてくれ レインボウ


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   RAINBOWへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント