白く微睡む雪は記憶に溶け
塗り潰された過去を呼び醒ます

黒く囁く声は心模様
胸を突き刺す影と境界線

舞い散る花は儚げに
零れ落ち 頬に消え
独り立ち尽くす寂寞

ゆらりと揺れる影法師に魅せられ
舞い落ちる羽に触れて穢した契りは
永遠の冬に閉ざされ
今も交わした小指が疼く

あの時切り裂いた帷は二人を今も隔て
届かない故に灯せない宵の色に染まる
私を掻き立てた好奇が全てを雪に変えて
白銀の闇に消ゆ 幾千の羽を奏で

雪垂り月陰る華は泡沫
指を切り刻む氷が溶けて消える日迄
独りきり差し伸ばす手よ
いつかまた貴女に届く日が来るのでしょうか?

今でも降り頻る粉雪 涙の跡に溶けて
戻れない雪が落ちる様に故に咎は消えず
二人で指切った言の葉 私を今も責めて
暗闇に射す導 幾百の傷を照らして

ゆらりと揺れる影法師に魅せられ
舞い落ちる羽に触れて穢した契りは
永遠の冬に閉ざされ
今も交わした小指が疼く

あの時切り裂いた帷は二人を今も隔て
届かない故に灯せない宵の色に染まる
私を掻き立てた好奇が全てを雪に変えて
白銀の闇に消ゆ 幾千の羽空に奏で

もう少し…嗚呼
もう少し…嗚呼
紅い雪舞う哀咽遥か彼方へ消えゆく…

   雪、黒業ニツキへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴