貴女の景色は誰も知らないはず…
瞳を閉じても何も解ち合えず
ふと気付けば この手で鼓動奪い
奇麗な髪 解かしていたい
せめて記憶の中で見つめていて
声にしがむ 貴女へ
苦しむ喜びさえ失う事
気付いてたかもしれない
蒼白の僕を写した瞳にさえ
視線さえ入る隙間も見あたらずに
途切れ途切れ 償う声は胸を刺す
空っぽの瞳を そっと閉じる
せめて記憶の中で見つめていて
声にしがみついてた
あの季節が運ぶこの想いは
消えた「二つの水晶」

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   BEST ALBUMへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント