足元を見つめ歩いている僕は
白い風の中 白い息を吐き
白い太陽を頭上に浮かべて
色彩失くした落ち葉の上を歩く

遠くに聞こえた 響く鳥の声
凍てつき始めた空気の中で
時が止まってる 記憶が始まる
時が止まってる 心を拡げないで

君はいない

塞いだ瞼に雪が落ちて 涙に流れて消えていく
僕の心に積もる雪よ
音は止み 光消え いないあなたを想ってる

遠くに聞こえた 響く鳥の声
凍てつき始めた空気の中で
時が止まってる 記憶が始まる
時が止まってる

鼓動が確かに息づいてる
見上げた空はあまりに遠くて
僕の体は小さく消えそうで
大好きな君のこと あなたのことだけを想ってる

目が覚めて もう一度もう一度涙を拭った
あなたがいない朝
何度知ればいいのだろう

塞いだ瞼に雪が落ちて 涙に流れて消えていく
僕の心に積もる雪よ
音は止み

鼓動が確かに息づいてる
見上げた空はあまりに遠くて
僕の体は小さく消えそうで
大好きな君のこと あなたのことだけを想ってる

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   GILIAへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧