1234 Burning out

昂る欲望と 高揚に比例する身体
無花果の葉を巻くイヴの様に
少しの恥じらいと 少しの誘惑で
思い通りに俺を弄ぶ

voice of the greed
chain of desire
feel it

求め続けるのは誑かす蛇のせいか?
抑えれば抑える程 あなたが頭に現れて離れない
手を伸ばしてはいけないと わかっているのに

voice of the greed
chain of desire
feel it
1234 Burning out

奪う度に落とした 深い愛に見る涙は  
一時だけの悲しみを連れて消えていく
乾いた身体寄せ合って そしてまた欺き合って  
抱きしめられる孤独を知るの

触れた肌が 温かさが愛しくて
その先に待つ 纏わりついてくる虚しさに 身構えて心を抑えた

愛されたいと願って 愛し合いたいと願って  
この手を伸ばし幸せを斯う それでも
望まれて生まれてきても 望むように生きれなくて  
不完全な自分を知った

奪う度に落とした 深い愛に見る涙は  
一時だけの悲しみを連れて消えていく
乾いた身体寄せ合って そしてまた欺き合って  
抱きしめられる孤独を知るの

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Spectacularへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧