手探りで鍵穴を探していると ゆっくりと街は
恋模様に染まっていく そわそわした電飾は
仄かに照らしてくれるのだけれど わたしのどの鍵も
君の扉にはあわなくて リセットばかり
寄り添えるクリスマスを夢見てリサーチどおりに
でもどうして?抜け出せない友達迷路
「ひとりあそび?」と積みあげ微笑うミルフィーユのような2人
指先震え「秋風のせいね」ってスプーン握る手はポケットへ
気味色染まる頬も おそろいのピアスも襟を立て隠す
指先はまだ理由を探す 落ち葉で埋もれたパズルの窓

何気なく君がくれた サボテンの花はまだ咲かない
踏み出すきっかけを求め 君への思い注ぎ込んで
本当はね、ベルを鳴らして走って逃げたんだ
伝えるには近すぎて遠すぎる君
隠しきれない傘に寄り添う 触れそうで触れない距離
指先はもう君との思い出で温まってる 怖くない
例え壊れてしまったとしても バイバイ長い雨
「もっと近くで君の目を見ていられたらいいな」と伝う
2人静かに人込みの中 重ねあう唇
ほおずき色に染まり 恥ずかしそうに笑い見つめ合う2人
歩き始めた通い慣れた道
いつもと違うのは 隣にいる君と繋がれた指先

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ユビサキへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント