2017-10-04

それでも世界が続くなら、今年最後のワンマン含む東名阪ワンマンツアーで「静かなる反撃」を開始

それでも世界が続くならが、今年最後の東京ワンマンライブから始まる、東名阪ワンマンツアー「静かなる反撃」を発表、また、2月11日に開催されるワンマンツアーファイナルで「ワンマンをぶっ壊したいバンド」の募集を開始した。

このワンマンツアーは、彼らがパンクバンドとして結成して以来からの願いでもある、「反撃」として行われるワンマンツアー。
それでも世界が続くならは、弱者側の視点に立った逆説的なカウンターと哲学、生々しい程にリアルなダウナー/シューゲイズサウンドと芸術性の高い音楽で、ロックリスナーからカリスマ的な人気を 誇るパンクバンド。
本ツアーは、彼らが結成時から作り上げた「武器」というべき楽曲を、結成当時から最新曲まで全時系列で演奏されるワンマンツアーとなっている。
また、ツアーファイナルは「ワンマンをぶっ壊すバンド」を一般公募、応募があった場合、文字通りワンマンツアーではなくなるという異例の公演となっている。また応募なしの場合は当初の予定通りワンマン公演を行う。
ファンだけでなく、音楽関係者や全国各地の多くのバンドマンにも影響を与え、ライブでは本当に涙を流す人が後を絶たない、彼らの渾身のワンマンツアーだけに期待が高まる。

以下の篠塚のコメント通り、パンクロックで人生を変えたい人、反撃のチャンスを待っていた人は、是非この機会に彼らの戦いに参加してみてほしい。


準備ができました。反撃を開始します。
反撃するってことは、僕もやられて然るべきなので、最後はこのツアーごと僕もぶっ壊されようと思います。
傷ついてもいいって、言葉じゃなくて行動で言ってくれる音楽が聴きたかった。
泣き顔の上に張り付いたままのその笑顔じゃ寂しいじゃないっすか。
パンクロックで人生を変えたい人、一緒に反撃したい人、やろう。
篠塚将行/それでも世界が続くなら



それでも世界が続くなら
東名阪ワンマンツアー 2017-2018
「静かなる反撃」
OPEN 17:15/START 18:00
前売り 3500円/当日 4000円

・全公演 PG先行販売:10/2(月)10:00~10/15(日)18:00 
※先着順、予定枚数に達し次第終了。
・全公演 PG一般販売:10/17(火)10:00~

■2017年12月20日(水) 東京・吉祥寺Planet K
「静かなる反撃」~東京初日:2017最終戦~
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239524P0030001

■2018年1月13日(土) 愛知・名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
「静かなる反撃」~名古屋初日:2018開戦~
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239499P0030001

■2018年1月14日(日) 大阪・天王寺Fireloop
「静かなる反撃」~大阪初日:2018開戦~
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239765P0030001

■2018年2月11日(日) 東京・下北沢CLUB Que
「静かなる反撃」~東京最終日:ワンマンツアーをぶっ壊せ~
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239541P0030001
※一般公募枠あり

※それでも世界が続くなら 東名阪ワンマンツアー「静かなる反撃」ツアーファイナル公演をぶっ壊して下さるバンド、またワンマンをぶっ壊してでも対バンしたいと思って下さるバンドを一般公募します。
概要URL:http://ukproject.com/que/topics/itw/0211_soreseka/index.html (公募管理人:後藤/club Que店長)
※一般公募バンド出演ありの場合、それでも世界が続くならの出演時間は、60分演奏の予定です。
※応募者なしの場合は、予定通りワンマン公演となります。


latest release
[CD情報]
2017年7月26日発売
品番:BZCS-1156
アーティスト:それでも世界が続くなら
タイトル:消える世界と十日間
価格:2,778円(税抜)

1日目:人間の屑
2日目:深夜学級
3日目:就寝系
4日目:正常
5日目:アラームと起床
6日目:かけがえ
7日目:消える世界のイヴ
8日目:三分間の猶予
9日目:水の泡
10日目:アダムの林檎
11日目(翌日):僕がバンドを辞めない理由

ミュージック・ビデオ
それでも世界が続くなら/人間の屑


[プロフィール]
2011年、500m以内に住む近所の友人4人で結成。
2013年にメジャーデビュー。
バンド名の由来は「もう一度バンドをやるなら、バンド名なんかなくていい」という理由で、「続」という言葉の入った「固有名詞ではない文章」として付けられた。実体験を基にした嘘のない言葉と、タブーを超えて現代社会の闇を切り取る美しい楽曲群、少年が話しかける様な声、自殺的オルタナティブサウンド、その姿勢と楽曲で、デビュー前から有名無名を問わず全国のミュージシャンに影響を与え、ライブでは本当に泣いてしまう人が後を絶たない。翌年2014年には、VIVA LA ROCK、Redio Crazy、ARABAKI ROCK FES等に出演。全国ワンマンツアーを開催。下北沢GARDENで600人を動員。年末には下北沢Queにてワンマン2DAYSを開催。2015年には、ライブハウスワンマンツアー「半透明な帰宅」を開催。国内最高水準の老舗ライブハウス、老舗ライブハウス下北沢club Que二位_店長は「エレカシよりもユニゾンスクエアガーデンよりも、それでも世界が続くならが断トツで凄かった」と絶賛し、国内トップレベルの表現力を持ったライブバンドとして話題となる。同年、忘れらんねえよ、Lyu:Lyuらとツーマン_を開催し、同年、下北沢Queでの2年連続となる年末2DAYSワンマンを含む全国10本をSOLD OUT。楽しく明るい踊れるロックが主流の現代と逆行する様に、現在進行形で圧倒的なリアルを表現し続ける、今、国内で一番嘘のないオルタナティヴ・ロックバンド「それでも世界が続くなら」。
●それでも世界が続くなら公式サイトURL: http://www.soredemosekaigatsudukunara.com/

【問い合わせ】
●ベルウッド・レコード(株) 
TEL:03-3945-2303 / FAX:03-3945-6173

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

それでも世界が続くならの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース