2018-11-09

CANDY GO!GO!が熱く語るFakeじゃないRealな生きざま!!

12月25日にTSUTAYA O-WESTを舞台にワンマン公演を行うCANDY GO!GO!。同ライブへ勢いをつけるに相応しい最新シングル『Fake News』を発売した。
虚飾まみれの情報飛び交う現代社会だからこそ、CANDY GO!GO!は周囲に流されることなく自分たちの信じた想いと強い意志を胸に走り続けている。過去には何度も苦渋を呑んできた。甘い罠を仕掛けられては、そのトラップを何度もくぐり抜けてきた。だからこそ彼女たちは、「奇跡なんてはじめからFakeさ」と歌いかけてきた。彼女たちは、「人生九割ツライ事ばかり それでも一割の幸せが全部塗り替えてくれる」喜びのために、今も活動を続けている。そんな彼女たちの今の言葉を、ここに伝えたい。


その幸せで自分の心を塗り替えられなくなった人たちが卒業していくんだと思います。


――CANDY GO!GO!の最新シングル『Fake News』が発売になりました。「偽物の出来事/いかさまなお報せ」というタイトルに最初は驚きましたが。歌っているのは、「僕たちはずっとCANDY GO!GO!という場所を守り続けるよ」「夢を夢のままに終わらせるのは嫌、奇跡なんてFakeを信じずに、自分たちで夢を叶えよう」という強い決意と意志。まさに…。
なぎさりん CANDY GO!GO!として活動してゆくうえでの決意表明です。「これまで嘘偽りの出来事などもたくさん経験をしてきたCANDY GO!GO!だけど、これからも我を貫き通して頑張っていくぞ」という強い意志を示せば、そんなCANDY GO!GO!を応援し、支えてくれるCANDYST(ファン)たちへの感謝の想いも込めています。
菜月アイル 何度も挫折しそうになりながら。その経験を重ねるたびに、私たちの中に「CANDY GO!GO!という大切な場所を守る」という意志が強くなり続けていますからね。
磯野未来 同じ仲間として活動を続けてきたアーティストたちが、次々と活動休止や解散していく中、CANDY GO!GO!は生き残り続けている。CANDY GO!GO!の中でだって、卒業をしていったメンバーたちが相応にいます。だからこそ、CANDY GO!GO!という歴史を守り続けるという使命感を今のメンバーたちは強く持っているんです。
――その気持ちは、昨年発売したシングル『CANDY』にも詰め込んでいました。その頃から、今回の『Fake News』に詰め込んだ想いをずっと胸に抱き続けてきたし。CANDY GO!GO!のメンバーたちはその気持ちを翳し、止まることなく活動を続けていますからね。
なぎさりん そうなんです。『Fake News』の歌詞へ「人生九割ツライ事ばかりさ」と書いたように、本当に9割はつらいことなんですよ。だけど一瞬の幸せが、それまでのつらいことを全部塗り替えてくれる。たぶん、その幸せで自分の心を塗り替えられなくなった人たちがこの仕事、活動を卒業していくんだと思います。でも私たちは、一瞬の、その1割の幸せが気持ちを塗り替え続けているし、見続けてきた夢が現実になることを信じて今もCANDY GO!GO!として歌い続けています。
――その強い意志を示したのが、『Fake News』ですからね。
なぎさりん 『Fake News』の作詞をしたのは、わたしなんですけど、ようやく前向きな歌詞を書けるようになりました。
――今は、悩みさえもパワーに変えてゆく力を心に備えているからこそ?
なぎさりんこれまでのわたしって、前向きな歌詞に触れるたび「何の綺麗事よ」と思っていたんですけど。ようやく最近になって、「自分の素直な気持ちをお客さんに伝えるのこそ大事なんだな」と思うようになり、少しだけ前向きな、しかも本当の気持ちを伝えられるようになれば、それを『Fake News』には書きました。

『Fake News』は、幸せばかりじゃない人生経験を重ねながらも何かへ向かって頑張っている人なら共感する面がいろいろある歌。
  
―昨年に、CANDY GO!GO!の研修生として加入。今年、正規メンバーになった杉本さんや永瀬さんは、『Fake News』に記した想いをどのように受け止めました?
杉本莉愛私たち2人は昨年7月からの加入ですけど、この1年強の中でさえたくさんの大変な想いを経験してきました。今の先輩方は、それ以上に経験してきたわけですよね。その重みをりんさんの書いた歌詞から感じれば、共感する想いもたくさんありました。
個人的に嬉しいのが、自分のソロパートもいただけたこと。わたし自身も、『Fake News』をたくさんの人たちに届けながら、CANDY GO!GO!のことを好きになってくれた人たちと一緒にもっともっと未来へ進みたいし、CANDYSTたちをもっともっと大きな舞台へ連れていけるようにと改めて決意を固めました。
永瀬りか ここまでCANDY GO!GO!が活動を続けてきたからこそ生まれたのが、この『Fake News』だと思います。わたし自身も、CANDY GO!GO!を通してはもちろん。けっして短くはない人生の中でも、いろんな悔しい経験や挫折しそうな想いを重ねてきました。だから『Fake News』を聞くと、あの頃の気持ちを思い返せば、前向きに頑張ろうとも思える自分になれます。この『Fake News』、わたし自身がそうであるように、幸せばかりじゃない人生経験を重ねながらも何かへ向かって頑張っている人なら、共感する面がいろいろある歌だと思います。
――高城さんは、11月10日にCANDY GO!GO!を卒業します。とはいえ、5年強の日々をCANDY GO!GO!のメンバーとして戦ってきたように、『Fake News』の歌詞に共感する想いも強いのでは?
高城しおり『Fake News』が、CANDY GO!GO!のメンバーとして最後のシングルになります。わたし自身が激動な時期にCANDY GO!GO!のメンバーとして加入し、ずっとその流れの中を泳いできました。だからこそ『Fake News』は、これからわたしが新しいことを始めたとき、すごく気持ちを前向きに、元気にしてゆく楽曲になったとも思っています。きっと落ち込んだときに、わたしはこの『Fake News』を手にするんじゃないかな?!。
――ホント、『Fake News』には熱い気持ちを詰め込んでいますからね。ただ、タイトルだけを捉えたら、みんなジョークのような歌と勘違いしそうです。
なぎさりんそうなんですよ。むしろ、『Fake News』というタイトルに惹かれて買ったら、めっちゃいい歌詞で嬉しく騙されたと思って欲しい。それは、『Fake News』のMV(https://youtu.be/im5gCUEFI3c) も含めてなんですけど。


お腹へパンチも入れたんですけど、ちょっとエグ過ぎたのかカットになってました(笑)。

――『Fake News』のMV、だいぶ遊んでいません??。りんさんやアイルさんが大人たちを騙して手玉に取れば、未来さんやしおりさんは二股男に遊ばれたり。それを莉愛さんとりかさんがキャスターとしてニュース報道しています。
磯野未来最近はロック色を打ち出しているようクールに迫ることが多かったぶん、あんなにも笑顔満載なMVはCANDY GO!GO!として初めてじゃない??。
菜月アイルこれまでのCANDY GO!GO!は恰好いい姿で撮り続けてきたように、あそこまで遊んだMVは初めてのこと。おかげで、メンバー自身も楽しみながら撮影をしていました。
――未来さんは、二股男を平手でバチーンと殴っていますからね。
磯野未来 本当は、その前にお腹へパンチも入れたんですけど、ちょっとエグ過ぎたのかカットになっていました(笑)。
――りんさんやアイルさんは、大人どもを手玉に取って転がしていますけど。それって、普段とは完全真逆な表情ですよね。
なぎさりん うちらピュアなんで。
磯野未来 そこ、どうだろうね(笑)。
なぎさりん CANDY GO!GO!はみんな真っ白です。
――それもフェイクニュース??
なぎさりん はい!!、ん???、違いますよ。ややこしい質問しないでください(笑)。
――『Fake News』と『CANDY』、この2曲は、芯の部分では同じ想いを伝えています。
磯野未来 まさに、CANDY GO!GO!の中でも対を成す楽曲になりました。ただ、『CANDY』へは卒業したメンバーに対して「うちらはCANDY GO!GO!という場所を守り続けるから」という気持ちを強く込めていましたけど。『Fake News』は、その想いをCANDYSTを筆頭に、CANDY GO!GO!を応援してくれる人たちへ向けて伝えている。そこに違いがあるなぁと受け止めています。
なぎさりんちなみに、うちの永瀬が「りかちの振り付け講座」
(https://twitter.com/rika_nagase/status/1052182933631422464)の動画も上げてくれたので、ぜひ見て、振りを覚えてください。
永瀬りか『Fake News』は真似しやすいダンスなので、ぜひ覚えて、ライブで一緒に振りを楽しんで欲しいなと思います。

残された時間があるのなら、まだ達成できてないことへ挑戦し続けたい。

――今回の『Fake News』は、A/B-TYPEを発売しています。共通のC/W曲として収録したのが、アイルさんがリードを取る『No Way Go Back』になります。
菜月アイル 『No Way Go Back』の歌詞に書いたのは、「まだまだやりたいことがあるからこそ、蝕まれた身体だろうと負けないぞ」という歌。何故、そういうテーマで歌詞を書いたのか気になりますよね。
――そりゃあ、気になりますよ。
菜月アイル うちのプロデューサーのOKBが、「アイアイは何時もキラキラとした歌詞を書いてくれるし、それも嬉しいんだけど。今回の楽曲はロックな表情の中へダークな歌詞を入れたいんだ」と言ってきたんですね。過去には、ちょっとふざけた感じでゲス不倫の歌を書いた経験はありましたけど。わたしケロッとした性格だし、ダークさって抱えてない性格だから、最初は題材がぜんぜん降りてこなかったんです。
でも、世の中のニュースに接している中、いろんな方が志半ばで亡くなられてる報道を立て続けに観たときに「自分がそうなったら、どう思うんだろう?」と考え、命尽きることをわかったうえで生きている人の立場に自分を置き換え、いろいろ考えました。そのときに出てきたのが、「残された時間があるのなら、まだ達成できてないことへ挑戦し続けたい」気持ち。そこから、「残された時間が僅かなら、やるしかないじゃん」という強い意志を書きました。この気持ち、限られた期間の中で何かを追い求めている人が聞いたら、「わかる!!」となってくれる歌だと思います。ライブでは格好良くロックしている楽曲だから、どれだけ格好良さが伝わるかを意識しながら歌い踊っています。
――『No Way Go Back』では、未来さんがコーラスや2ndヴォーカルとして参加しています。
磯野未来 この曲、信じられないくらいキーが高いんです。だからと言って裏声…フェイクを使うと歌的にパンチが弱くなるから、フェイクすることなくX JAPANのTOSHIさん並にパワー全開の地声で歌いあげています。
なぎさりん A-TYPEには、CANDY GO!GO!の入場テーマとして使用している『MITSUKO』も収録しているんですけど。曲が終わっても、そのまま流しっぱなしにしてください。そうすると、嬉しい楽しみが待っていますから。

『タイムリープ』は、「薬物依存症の人を愛してしまった」歌。
                  
――B-TYPEには、りんさんが歌うバラード曲『タイムリープ』を収録。こちらの歌詞、かなり内容がヤバいと聞きました。
なぎさりん かなり重い内容をテーマにしています。簡単に言うと、「薬物依存症の人を愛してしまった」歌。大好きな相手と結ばれたとき、初めて相手が薬物依存していることを知り、その関係が急に怖くなってしまう。その人のことを好きなのに、でも、相手は犯罪を犯している。じゃあ、自分の中で、相手の存在を消すしかないと決意する歌です。
――なぜ「薬物依存症の人」をテーマに??
なぎさりん さっきのアイアイの話じゃないけど、よくテレビでも薬物に溺れてしまう人って報道されるじゃないですか。でも、「この人たちにも家庭があるんだなぁ」と思えたら、ヤバくないですか?!。しかも、薬物って辞められない人たちが多いじゃないですか。そこから想像を巡らせていたらイライラしてきて、「このままずっと薬物を続けるのなら、相手の女性も幸せにはなれないけど、薬物をやっているお前も絶対に幸せにはなるな!!」と思えてきて。そんな、「薬をやっている人は愚か者です」という歌です。
タイトルがなぜ『タイムリープ』かと言うと、「時を戻して人生をやり直せたら」という想いを込めてのこと。でも、そういう人ってやり直せないんですけどね。
――今回のシングル曲、どれもテーマが深く重いです。むしろ、最近のCANDY GO!GO!は、生きてくうえで深い感情を抉り取る歌を次々と提示していません??
菜月アイル それだけ、メンバーそれぞれ人生経験に重みが出ているのかも知れないですよね(笑)。
なぎさりん 最近はみんな着飾った歌詞しか歌わないじゃないですか。だけど、これくらいリアルでエグい歌詞のほうが、意外とみんなの気持ちにはスッと入ってくるんですよ。中には、「何言ってるんだ、こいつ」と思う人もいるとは思いますけど、それくらいのことを書いたほうが心には刺さるなと思っていて。

『Fake News』は、アイドルの棚ではなく、アーティストの棚に並べて欲しい。それくらい、今のCANDY GO!GO!が表現している音楽は、特定のジャンルに縛られる音楽ではないと思っています。

――メンバーそれぞれ、自分なりに最新シングル『Fake News』を、どのように捉えています?
磯野未来 『Fake News』は、応援してくれる人たちにたいしての想いを全面に出して伝えていけたらなという気持ちで歌っています。C/Wに収録した『No Way Go Back』や『タイムリープ』では、フェイクじゃない、リアルな一人の人間の感情を伝えてゆく歌になったと思います。
菜月アイル 『Fake News』は、想いを真っ直ぐに伝えていきたい歌。わたしが歌っている『No Way Go Back』についてですが、じつは歌っている裏にわたしの雄叫びも入っています。さすがにライブでは再現できないので、そこは音源を通して味わってください。
永瀬りか ライブで『Fake News』を歌うとき、みんなで手を繋ぎ合わせて始めるんです。そこがわたしはすっごく好きで、そうやって始めるたびにメンバーの絆を感じます。もちろんライブでは、『Fake News』に込めたお客さんたちへの想いを届けるように踊れば、わたしも心の中で歌っています。
杉本莉愛 『Fake News』には自分のソロパートも入ったように、ようやくここまで来たんだなって気持ちが一つ。でも、まだまだこれからだなという気持ちも同時に持っています。今回収録した曲はどれも歌詞の内容が深いので、ぜひ歌詞カードを読みながら聞いて欲しいなと思います。
高城しおり 『Fake News』は、ライブでもお客さんたちと一体感を出せる楽曲。新規の方も、すぐに入ってくれる歌になっています。そして今回のシングル盤が、わたしがCANDY GO!GO!のメンバーとして形に残す最後の作品になります。最後にこの作品を残せたことが自分の誇りですし、わたしの人生に於いても忘れられない楽曲になりました。
――しおりさんは、11月10日(土)池袋ブラックホールを舞台に行うライブを持ってCANDY GO!GO!を卒業します。その想いも、ぜひ伝えてください。
高城しおり わたし、CANDY GO!GO!に入ったばかりの頃は本当に何も出来なかったし、わたしはもちろん、メンバーやまわりの人たちも、わたしがこんなにも長くCANDY GO!GO!のメンバーを続けるとは想像もしていなかったと思います。
 わたし自身も、一つのことをこんなにも長く続けたことは初めての経験。これもすべてはCANDY GO!GO!という存在のおかげであり、毎回高い熱量を持ってぶつかってくれるお客さん、何より、メンバーの根性に強く惹かれ、ここまで頑張ってついてきました。だからこそ、わたしがCANDY GO!GO!としてステージに立つ最後の日となる、11月10日・池袋ブラックホールのライブにはぜひ来てください。
なぎさりん 今の高城の発言が「Fake News」になることを、わたしは今も信じています。今回の『Fake News』は、アイドルの棚ではなく、アーティストの棚に並べて欲しい。それくらい、今のCANDY GO!GO!が表現している音楽は、特定のジャンルに縛られる音楽ではないと思っています。

CANDY GO!GO!がロックユニットして活動すると宣言してから、1年半。その間で、どれだけCANDY GO!GO!がその言葉の意味を見せ付けてきたのか。その成果を、ワンマン公演の日に示します。

──今でもアイドルライブに出れば、バンドライブにも出演と、そこは柔軟な対応を取っているCANDY GO!GO!ですが。ライブに足を運んでいる人たちは、CANDY GO!GO!をどのように捉えているのでしょうか。
なぎさりん 言われたように、今のCANDY GO!GO!はアイドルイヘントにも出れば、そうじゃないイベントにも出演しています。ことアイドルイベントという枠で語るなら、今のCANDY GO!GO!ってアイドルノリの難しい曲が多いから、そういうノリを求める人たちは詰まらなそうにしてることもありますけど。でも、騒ぐ騒がないではなく、やっぱり刺さる人にはしっかりCANDY GO!GO!の音楽は刺さるように、そういう人たちの支持はつかんでいるなと感じています。
何より今は、自分たちの意志を貫き通し歌っているように、どんなイベントだろうとぜんぜんアウェイだとは感じなくなりました。むしろ、「わたしたちはやるべきことをやっているんだから、何処に出ても見てくれている人はしっかりと見てくれているから」という気持ちでやっています。
──その意志が、今の熱いステージングにも反映されているわけですからね。CANDY GO!GO!は、今年最大の山場というべきワンマン公演を12月25日にUTAYA O-WESTで開催します。今年は、4月にTSUTAYA O-NESTを、8月にTSUTAYA O-Crestでワンマン公演を行い、いづれもソールドアウトさせました。その締めくくりとなる公演だけに、TSUTAYA O-WESTでもしっかり成果を見せてやるという意気込みなんですよね。
なぎさりん もちろんです。TSUTAYA 3都物語のファイナル公演であり、今年のCANDY GO!GO!の活動の集大成となる日ですからね。
磯野未来 12月25日のTSUTAYA O-WESTワンマン公演って、じつは昨年7月に新宿ReNYで行ったワンマン公演のときに正式に決めたこと。その日からCANDY GO!GO!は1年半をかけ、この日に向かって走り続けてきましたからね。
なぎさりん ここまでは、割と動員を埋められる会場を選んでワンマン公演を重ね、着実にステップアップの道を描いてきましたけど。そういう安心感を持ってちゃ駄目なんです。ちゃんと勝負すべき場所を掲げ、その会場に相応しい結果を出し続けていかないことには、活動をしていく意味も薄れてゆくこと。それくらい12月25日のTSUTAYA O-WEST公演は、今のCANDY GO!GO!を試されるワンマン公演になると思います。
菜月アイル もちろん、CANDY GO!GO!の活動はこの後もまだまだ続いていくように、TSUTAYA O-WESTもわたしたちの中では一つの通過点。だからこそ、「いい通過点を描けたな」と言えるライブになるように、しっかり結果を出したいなと思っています。
磯野未来 CANDY GO!GO!がロックユニットして活動すると宣言してから、1年半。その間で、どれだけCANDY GO!GO!がその言葉の意味を見せ付けてきたのか。その成果を、この日示さなきゃね。
菜月アイル だからこそ、多くは語らずに、その姿ですべて答えます!!

この日のワンマンに来なかったら、タダじゃおかない!
CANDY GO!GO!がクリスマスの日にワンマンへ挑戦することに意味があるんですから。

──若手チームの2人も、ぜひ言葉をください。
杉本莉愛 CANDY GO!GO!へ加入して、まだ1年ちょっとですけど。TSUTAYA O-WESTのステージに立つのはわたし自身初めての経験。今年に入り2回のワンマンライブを経験し、本当に応援してくれる人たちがいないと、支えてくれるみんながいないと成り立たないなと実感もすれば、私たち自身も、応援してくれる人たちがいるからこそ、挫けそうになっても何度も前を向ける気持ちを感じ続けてきました。12月25日は平日であり、しかもクリスマスの日。でも、みんなに全力で想いを捧げるからこそ、ぜひライブに来て欲しいです。
永瀬りか ワンマンライブを2回経験、わたし自身、まだまだ見せきれてない部分もあれば、もっともっと成長していきたい気持ちでいます。CANDY GO!GO!に加入したときは一番下の立場でしたが、先輩方の卒業があったり、何時しか後輩も加わり、真ん中らへんの立場にもなってきました。だからこそ、この2人にCANDY GO!GO!を任せられると言ってもらえるワンマン公演にしたい。その決意を持って臨むつもりでいます。
──今のCANDY GO!GO!にとっては、クリスマスだとか、前日がりんさんの誕生日だからなど関係ない感じですね。
なぎさりん わたしの生誕祭とCANDY GO!GO!のワンマン公演は別物です。だから、この日のワンマンに来なかったら、タダじゃおかない!何より今回は、CANDY GO!GO!がクリスマスの日にワンマンへ挑戦することに意味があるんですから。
菜月アイル この日はワンマンやライブイベント事がとても多ければ、プライベートでも大切な日の人も多いわけじゃないですか。その日を、CANDY GO!GO!はあえて勝負の日に持ってきたわけですからね。
なぎさりん どれだけ、うちらが本気で勝負を挑むかってことですよ。
磯野未来 この日は、CANDY GO!GO!のことを本当に好きな人が来てくれる日。だからこそ、どれだけ熱いライブをして勝負を挑めるか。かなり自分たちの実力も試されるように、ホントに勝負です!!
なぎさりん もはやこの日は、サンタの格好なんかしなくていい。いや、するかも知れないけど(笑)。本当に見せたいのはCANDY GO!GO!としての、ここまでの歩みの集大成となる姿。だから、クリスマスとかうちらには関係ないです!!
杉本莉愛 初めてCANDY GO!GO!のワンマンへ触れる人も絶対に楽しませるので、いろんな人たちに来て欲しいです。



11月27日は新曲の披露もあれば、研修生として活動している夏井さらもついにCANDY GO!GO!のステージに立ちます。

──話は前後しますが、11月27日にTSUTAYA O-NESTで行う公演でも、いろんな楽しさが待っているんですよね。
なぎさりん そうなんです。CANDY GO!GO!は毎月最終月曜日にTSUTAYA O-NESTで主催公演「NEXT GIRL’s ONE!」を行っています。ここは、毎月CANDY GO!GO!のメンバーがとても力を注いでいるイベント。なので、絶対に見て欲しいです。11月27日は新曲の披露もあれば、今はCANDY GO!GO!の研修生として活動している夏井さらもね。
杉本莉愛 今、一緒に道玄坂上がり隊のメンバーとしても活動をしていれば、CANDY GO!GO!の研修生としてもレッスンを続けてきた夏井さらちゃんが、この日、研修生という立場ですが、ついにCANDY GO!GO!のステージに立ちます。ぜひ、その勇士も見てください。

『Fake News』MV
                       

TEXT:長澤智典

★INFORMATION★

<BAND付き定期公演 新曲披露!>
※研修生 夏井さら~CANDYステージデビュー!!

「NEXT-Girl's ONE in O-NEST」
11月27日(火)
会場:渋谷 TSUTAYA O-NEST
OPEN18:00 START18:30
前売2500円 当日3000円 各1D別
出演:CANDY GO!GO! with BAND

”Guest Musicians BAND”
Ba : さとうしゅうさく(アイラブユーベイビーズ)
Gt : ナカダツバサ(tegakiLIFE)
Gt : 鈴木諒介(ghostnote)
Dr : マーシー(→SCHOOL←)

【CANDY今年の集大成公演】
★チケット発売中!
「Chrismas Special GIGS -2018 Final- 」
12月25日(火) 渋谷 TSUTAYA O-WEST
OPEN18:30/START19:15
前売2500円 当日3000円 各1D別
出演:CANDY GO!GO! with BAND

”Guest Musicians BAND”
Ba : さとうしゅうさく(アイラブユーベイビーズ)
Gt : ナカダツバサ(tegakiLIFE)
Gt : 鈴木諒介(ghostnote)
Dr : マーシー(→SCHOOL←)

※プレイガイド e+ 10/20~ 発売中!
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002131195P0050001P006001P0030007

★音源情報★

2018.10.30 Release!
CANDY GO!GO!
「Fake News」 (Type-A、B)
各¥1,000(税込)3曲入り
発売元:R-Village MUSIC
販売元:タワーレコード株式会社

typeA
1 : FakeNews
2 : NoWayGoBack
3 : MISTUKO

typeB
1 : FakeNews
2 : NoWayGoBack
3 : タイムリープ


CANDY GO!GO! Web
http://one2one-agency.com/
CANDY GO!GO! twitter
https://twitter.com/onecandygogo
なぎさりん twitter
https://twitter.com/Rin_rorigao
菜月アイル
https://twitter.com/aiaichan20
磯野未来
https://twitter.com/mikichi0223
高城しおり
https://twitter.com/sioritakazy0
杉本莉愛
https://twitter.com/smile_riaivi
永瀬りか
https://twitter.com/rika_nagase
夏井さら
https://twitter.com/natsuisara
瀬戸美咲希
https://twitter.com/misakiseto0120

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

CANDY GO!GO!の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース