このまま瞼を閉じれば 暖かな永遠の眠りへと
傷ついた胸に手をあて 流れいく景色に手をふって

ホラ恍惚の旋律は あの地平線目指して
無限の螺旋を引きちぎって 弧を描いて風に

鐘の音響く 光に包まれ
薄れていく意識の中で 微かに微笑んで
祝福の朝 溜息は消えて 別れ告げるその唇に そっと触れるだけ

涙が頬を伝って 溢れ出す感情はやがて
捨て去った記憶の闇に 不確かな亀裂を刻んで

ホラ恍惚の旋律は あの地平線目指して
無限の螺旋を引きちぎって 弧を描いて風に

鐘の音響く 光に包まれ
薄れていく意識の中で 微かに微笑んで
祝福の朝 溜息は消えて 別れ告げるその唇に そっと触れるだけ

ホラ恍惚の旋律は あの地平線目指して
無限の螺旋を引きちぎって 弧を描いて風に

鐘の音響く 君に思い馳せ
薄れていく意識の中で 愛をささやいて
旅立ちの朝 溜息は消えて 別れ告げるその唇に そっと触れるだけ

鐘の音響く 君に思い馳せ
薄れていく意識の中で 愛をささやいて
旅立ちの朝 溜息は消えて 別れ告げるその唇に そっと触れるだけ


   METALLIC BUTTERFLYへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴