限りあって終わりあってからこそでしょう?
そう言い切る事のできぬ思いも
わからないわけじゃないんだけど
それを昔選んでいったある人の言葉

『時の流れが俺を枯らした いたずらにただ
事なき日々は長雨に似る』

君たちの生き方間違いではないが
犠牲を払い手に入れたそれは本当の明日ではないんだろう?
ほろ苦い感情顔を隠せばいい

ハロー

ずっと忘れてたけど どこかに置き忘れた
夢を見て育つ花はもう無事に咲いたかな?


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   四季旅の散歩者へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧