君の放つ光が僕の目を包むのに
何十億という月日がかかっても

帰れないでいる僕に… 青い光で照らす

僕の向けた瞳が君の目映すのに
何十億という月日がかかっても

帰りたい場所に僕を… 淡い光で照らす

暗がりに射す明かりを辿ればね
浮き上がる影に見覚えがある
満月の顔優しい こんな夜には
両手添えて包んでいたい

幾億もの光を纏う君が幾千もの光を僕に注ぐ

暗がりに射す明かりを辿ればね
浮き上がる影に見覚えがある
満月の顔優しい こんな夜には
両手添えて…

暗がりに射す明かりに魅せられて
浮き上がる君に駆け寄れたら
今宵の満月へ 優しい顔で
両手添えて包んでいたい

君の放つ光が僕の目を包むのに
何十億という月日がかかっても


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   BETTY'S BUGGYへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧