砂時計を 風 吹き荒れる
時は過ぎ ただ 吹き溜まる
砂時計が 木々を揺らせば
果物は種を宿して浮かぶ

結わえ 結わえ
電極を地表に
それが真実だ
曲線 せまる波うちぎわ
はりつめた糸 針の先

終わりは悲しい
誰も知れない

砂時計を 風 吹き荒れる
時は過ぎ ただ 吹き溜まる
人 消えた昼の都会で
たちのぼる煙草の煙

結わえ 結わえ
電極を地表に
それが真実だ
曲線 せまる波うちぎわ
はりつめた糸 針の先

毒 孕んだ花が咲いたのさ
遥か古代のテレビドラマ
種子まとって 砂漠は拡がる
最後まで

終わりは悲しい
誰も知れない

砂時計を 風 吹き荒れる
時は過ぎ ただ 吹き溜まる


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Weather Reportへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧