重なった肌と肌で語るレプリカが混ざる一時間も
わたしが望んだはずなのに目覚めるのが怖かった

見慣れた世界
こんな明るいっけな

伝えたいことも言い出せない声帯ならもう潰してよ
遠ざかる貴方の指からはちがう蜜の感触が

求めたから?
見抜いていたから?

最愛でもなく温もりでもない微熱が苦しすぎて
この狭い部屋で遭難しました だから…今だけ見つけだして

あなたに触れるたび行き場を失うわたしは
そっとこの部屋に鍵をかけました

思い出すだけで生きてゆける気がしたの
だけどそれはわたしを壊した
気付いたらもうこの部屋の空気はなくなって
起き上がれないわたしは溶けて消えてしまうから
誰かノックして…1度でいい…優しく…わたしを呼んで

さよならでもなく再会でもない未来を選んだ朝 すごく眩しくて
あなたのその香りもおかしな癖全て
まだ微熱が残るこの部屋に閉じ込めておくよ
だから…渡したその「スペア」は使わないから返さなくていい

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   僕の「誤解」と右折禁止のルール違反へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴