空の高みを見つめながら
貴方の側を歩いてる
古いかなしみに陽の当たる
真昼を何と名付けよう

貴方の中を泳いでる
赤黒黄金(こがね)の魚たち
ふいに水面に踊るように
奇麗なこころが見えてくる

遠い夏の物語のように
白い舟の影の中で遊ぶ
水しぶき空へ投げて
笑うだけの

こんなに寂しい水の上に
何かが降りて来たような
夏はただ眩しく輝いて
私は貴方に恋をした


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   One Lightへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧