空を舞う蝶のように荒野に咲く花のように
雨に打たれて壊れそうでも力強くしなやかに
吹きすさぶ風のように燃え盛る太陽のように
自分の誇り曲げないように命ここにある限り

やがて人は遠くに輝く星となり
全ての魂に恵みの雨を捧げて

空の果てまで私を連れて行って
この手を捕まえて
憧れていた地平線の向こうへ
空は色づき大地は雨に濡れて
夢にまでも見てた
この情景は心に残り続けた

空の果てまで私を連れていって
目を離さぬように
憧れていた地平線の向こうへ
空は色褪せ大地は渇いても
信じられずにいた
この情景は世界の終わりだから

空を舞う蝶のように荒野に咲く花のように
雨が降るまで待ち続けよう世界の始まりをここから

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   recollection of glintへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント