『儚く咲いた百合の花優しく揺れて散り急いだ』
季節の中途切れた歌
続きが思い出せなくて

消えないように閉じ込めた貴方の記憶は
連れて行かないで

さよなら手を振った
私の生きる意味無くなったから
目を閉じ幸せなあの日に
あのね今すぐ帰るから
おやすみなさい

涙に滲む長い旅
届かない声独り歩き
朦朧の中流れ出した
命の行方鮮やかで

千切れそうな呼吸もあと少しだから貴方に会いたい

さよなら手を振った
私の生きる意味無くなったから
目を閉じ幸せなあの日に
あのね今すぐ帰るから
おやすみなさい

百合籠の中で抱き締めて眠れ
揺り籠の中で夢見て眠れ

さよなら手を振った
私の生きる意味無くなったから
『百合の花は散った自責の果てに』
もう泣かないよ
貴方が居るから

貴方だけ
愛してる

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   自責の筵-じせきのむしろへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧