夜空から彗星が落ちてきて、その中に溜まっていた生物がね。
海に命を宿したのだそうです。
にわかには信じがたいね。

夜空には水性絵の具使い、漉かれた繊維に描く静物画を飾り楽しむ星があるそうです。
どうか一度見てみたいね。

深い水底、平べったくて光もない中で息して。

毎晩尽きぬ夢語り合う、二匹だけの秘密の会。
僕は君の事知りたいけど、また何も聞けず頷くだけで。

夜空とは水棲生物には触れられぬ禁忌であろう。

まだまだ尽きぬ時過ごしたい。
僕ら今も秘密のまま。
静かな水流で届けたい。
まだ伝えてないこの気持ちたち。

ゆっくり、おやすみなさい

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   情景ならびに喉、指先。へのコメント

『閉園の後、雨』が聞きたくて買いました。ピアノが雨音みたいで好きです。

2019-06-24

  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント