月の明かり 背負い君が言った
「泣いてばかり 見たくない 抜け出すんだ
陽のあたる場所へ 」

月の明かりを頼り 歩き出した
時が止まり 音のない 湿った場所

かすんだその先へ おぼつかぬ 足取り
「ごめんね。は これ以上 言わないで」

君の秒針が 僕の時針になって
止まった時計の針を 動かしてくれたんだ
君の声を ずっと忘れてしまっていたんだ
君とならきっと
抜け出せるような気がした

遠く 遠く 届かない声 もう
だれも かれも 死んだかのような世界

曇ったその先の リアルが歪んでいる
悔やんだよ 弱虫の強がりを ああ

月の明かりを頼り 歩き出した
だれも かれも 死んだかのような世界

そうきっと
君の秒針が 僕の時針になって
壊れた時計の針を 動かしてくれたんだ
君の声を ずっと忘れてしまっていたんだ
君とならきっと
抜け出せるような気がした

陽のあたる場所へ
君とならきっと
抜け出せるような気がした


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   R.I.P.へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント