「私」を満たして 「私」で満たして 殻の中は空の身体
故に浮遊月の様に 揺蕩うばかりの意識 命の重さは微塵も無い
姿形は其処に在れどソレを何と呼ぶのだろう
膨らんだ夢想もただの無相 何も無い
「私」は伽藍堂

後ろ向いたつもりも目を背けたつもりも
背中見せて在らぬ方へ逃げたつもりも無い
愚直に上の空 虚空を眺めては…
「私」を置き去り 「私」は「現」を貪る
咀嚼も出来ぬ程脆く 砂を噛むが如く

「現」で埋めれば 「現」に染まれば 殻の中はカラカラと鳴る
故に何処に行く事も無く 但し何処にも辿り着かない 命の重さは微塵も無い
姿形が崩れぬ様 人の棘に触れぬ様に
膨らんだ夢想に剃刀を… 何も無い
「私」は伽藍堂


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   花鳥風月へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧