やめてしまえば 楽になれるのに
のしかかる夜は 明けていく
ほら顔を上げて しゃんとして 笑って
その想いを どう 受け取ればいい

待ち焦がれた アナタの言葉は
窓越しに観る 遠花火

どれだけ 今が 苦しくったって
それでも 諦められないって
届きそうで 届かなくて
いつも 空回る
東の空から 昇り 射す
光を追いかけて 回る
淡い夢 隣に居る
アナタを 見つめてた

手を繋いでも 肝心な事は
何一つ 言えないままだね
慰めなんて 花よりも儚く
朝を待たず 枯れてしまうのに

千を越えて 咲いた 想いなら
火傷する くらい 伝えて

どれだけ 今が 苦しくったって
それでも 諦められないって
届きそうで 届かなくて
いつも 空回る
東の空から 昇り 差し込んだ
光を追いかけて 回る
「目を覚まして」
隣に居る アナタを 待っていた

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   The laughing manへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧