愛する者を看取った
ひとりの老婆は今日
エピローグ綴って
お迎えの時を待つ

「やがて… いずれ…そこに行くからね」
花瓶を置いて 写真の中に映る
過去と話している

ゆりかごを揺らし あやした
子供らも大きくなり
願った通り巣立った
今は都会で暮らす

「時間みつけて逢いに行くからね」
電話の声は想い出の歌のよう
静かに聞いている

みんな いずれ
そこに逝くからね
生きたいように
今日を生きるさ
そして
愛しい君をぎゅっと
抱きしめる


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   SOUNDTRACKSへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧