流れる時間の波に
飲み込まれて 溺れている
なんて考えていた
誰もいない 暗い夜空の下

「『君次第』とか 『いつか』だとか
信じちゃいられない
希望なら希望のままで
愚かにも程がある
確定された一生さ」

ねえ 僕らが過ごした時間すらも
無意味なことかな
cry for the moon 問い掛け 答えを求めても
星空に消える

生まれて、出会い、別れ
繰り返して 歩んで来た
その度芽生えた 疑義
無くしている 守るはずの記憶

「今じゃなければ
此処じゃなけりゃ
笑えていただろう
何かが変わるなんて
愚かにも程がある
確定された一生さ」

ねえ 僕らが生きてるこの時間も
無意味なことかな
cry for the moon 問い掛け 答えを求めても
星空に消える
嘘だらけでも まやかしでも
唯一の物語
描いて 塗りつぶして
事切れるその日まで
確定された一生じゃない

ねえ これほど求める想いすらも
無意味なことかな
cry for the moon 望んだ答えなんてないことも
気づかない振りしているだけ
星空に消える

   cry for the moonへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴