誰かの手の平で踊るのが定めなら
その手を噛みちぎってやればいい
憎しみを連ね偽りを重ね合う
僕ら何も変わらないまま

誰もが自己を中心に世界を回すから
軸はとうに乱れてしまってんだ
偽善に酔って笑みを作ってもその仮面はヒビ割れて
ドス黒く塗り潰した心

過去も今も未来も全て
現実と続いてく

赤黒く迫る死の太陽
この世の罪を裁きたまえ
赤黒く迫る死の太陽よどうか
血の雫その最後まで
あの世に雨と降り河となる
血の雫その最後まで

地獄を模した世界で
叫び続けていた

たとえ悲劇の明日でも
瓦礫に花は咲く
打ち砕いた願いと
散る星のように

My noble blood

赤黒く迫る死の太陽
この世の罪を裁きたまえ
赤黒く迫る死の太陽よどうか
血の雫その最後まで
あの世に雨と降り河となる
血の雫その最後まで

地獄を模した世界で
未来を見つめていた

My noble blood

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   R.I.P.へのコメント

解離性イデオロギーが好き
ずっと聴いてる

2022-04-04

  歌詞閲覧履歴