Royz/Eva

ティミッド

Royz


word: 公大 music: 公大

『Eva』収録

  • 13
  • 0
  • 胸に空いた寂しさを
    埋めるように踏み込んだのは
    偽愛のセリフが耳元で優しく
    流れる楽園

    誰にも話せない秘密に翻弄されていく
    淡く染まり出す夢

    抑えきれないこの想いを
    言葉にすればするほどに
    君をまた困らせてしまいそうな気がして
    私だけが手を離せば終わる恋だと知りながら
    繋ぎ止めた関係が続くこと望んでいる

    自分だけのものには決してならない
    そう分かってる
    一つ間違えば簡単に崩れる
    か弱い信頼

    2人のため
    悪役を最後まで演じるのは
    今日も明日も私で

    恋に堕ちて痛みを知って傷ついた心は泣いた
    けどね「今」を失う事が何より怖い

    幸せだと感じてたい
    ただそれだけのことなのに
    報われるはずのない想いだけが彷徨っている

    手を伸ばして もがくほどに
    飲み込まれる依存の渦
    何もかもが壊れていく中で
    君の側しか居場所がない
    私をどうか許して....

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       Evaへのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴