窓辺から見上げた空にただひとつ
いつだって同じ顔で
見下ろした惑星の塵芥(ちりあくた)は
君から見えないだろう

呼吸 浅くかすれ
虚しさが喉を焼く

指の隙間からこぼれ落ちる日々のイマージュ
ザラついた月のレゴリスのように積もりゆく
誰も知らない誰の手も届かないプラーツ
埋葬されるリアリティ

欲望を理性という名の剣で
何度も切り刻んだ

鼓動 速く乱れ
過ちが駆け巡る

雲の隙間からこぼれ落ちる星のティアーズ
ザラついた月のレゴリスのように色も無く
誰も行けない誰の目も届かないキュアーズ
僕を濡らす いつまでも

喜びも 哀しみも
風と前に消ゆ

時が過ぎて今は分かる
少しばかり夢を見過ぎていた

指の隙間からこぼれ落ちる日々のイマージュ
ザラついた月のレゴリスのように積もりゆく
誰も知らない誰の手も届かないプラーツ
埋葬されるリアリティ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   NOX:LUXへのコメント

咲人のこの独特な言い回しの歌詞が最高に好きだ

2022-04-22

Re:DoはCan you do it?のアンサーソング的な曲?
活動再開嬉しいね
応援してます

2022-04-06

歌詞入れてほしいです!お願いします!

2022-04-04

  歌詞閲覧履歴