夏の化粧が落ちてく、僕はきっと気づかない。
遣り残したことだらけ、気づく暇なんてない。

いつも最後尾を飛ぶ、僕は何も分かってない。
「いまいちな体調かな?」それも言い訳になる。

重すぎる言葉、受け止めきれず困って。

いつだって、人々は、理解しあえずに果てる。
寄り添って、飛ぶけれど、いつの間にかひとりぼっち。

君の大切な人が、亡くなったそんな日でも。
僕は何食わぬ顔で、もくもくと食事する。

人間って残酷で、受け止めきった気になる。

いつだって、人々は、理解しようと思わない。
寄り添って、飛ぶけれど、群れの心地良さに寝る。
今も。

君だって、もし僕の、親が減っても気づかない。
僕だって、ただ君が、泣く夜何も出来ない。

冷たくて、分かってて、それでも近くにいたいよ。
歌だけは、平等に、せめて届きますように。

今は。

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   花びらへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント