蜉蝣/心中歌

サクラクラクラ

蜉蝣


word: 大佑 music: 静海

『心中歌』収録

  • 1
  • 0
  • 君は無口過ぎて 心の中が見えない
    壊れた手鏡を 大事そうに抱いてた
    「上手く笑えないの…・」
    俯きながら呟く君に
    「下手に笑えばいいさ…・」
    不器用に僕は言った

    雨上がりの夜に出逢った二人は
    ピンクの花が咲き乱れる前に散った
    君は最後まで見せてくれなかった全てを
    ピンクの花は青に色を変えるだろう

    赤い糸など存在しない
    ちょっと傷つき口数半減
    永遠など無い全てに死が待つ
    戸惑い隠せず鎖骨がガタガタ

    赤い糸など存在しない
    ちょっと傷つき口数半減
    永遠など無い全てに死が待つ
    戸惑い隠せず鎖骨がガタガタ

    君の誕生日に 可愛い時計贈ったね
    少し恥ずかしそうに
    「うれしい。」って言ってくれた

    そんな日々を過ごした事さえ
    いつか忘れてしまうのか

    雨上がりの夜に出逢った二人は
    ピンクの花が咲き乱れる前に散った
    君は最後まで見せてくれなかった全てを
    ピンクの花は青に色を変えるだろう

    冷たく時計の針が終わりの秒読みを始め
    悲しい結末刻んでいた

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       心中歌へのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴