道端になんとなく咲いた
名前もない小さな花

誰かを待ってるかのように
そこにたたずんでいるのを見て

ふと思い出す あの頃の僕を

キミを失くしたあの日と同じ 今日は雨
繋いでたその手今なら離さないのに

まだ幼いキミは何もわからずに
飛び出したアスファルト

鳴り響くクラクションがよみがえる

会いたくて 会いたくて

涙を枯らしても
帰ることはない わかってるのに

"サヨナラ"と言えばもう

キミという存在が
記憶の中からも消えてしまいそうで…

この広い空の向こう キミはまだいるかな?
温もり感じたいもう一度だけでも

夢を見た キミの夢を
現実のようなその中で

泣いている僕のことを見てキミはこう言った

「パパが泣いていると悲しくなるから泣かないでほしいの
ワタシはね 笑ったパパが好き」

ごめんねと ありがとうを繰り返しつぶやいた
こぼれた涙はいつもとは違う

温かくて優しくて 包まれていくようで
小さなキミの手の温もり甦る

あぁ いつだって繋がっていたんだね
"君"は僕の中に生き続けている

泣かないよ もう

サヨナラ言えるよ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Everlasting BLUEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧