いつも通りの朝を迎えて
隣で眠る君がもし
声をかけても揺らしてみても
目覚めなければどうするだろう

無神経な言葉や嘘も
傷つけた日も後悔するでしょう
当たり前に過ごした日々の
大切さをそこで知るでしょう

もしかしたら明日君がいなくなる
そう考えるだけで怖かった
誰かの為に生きたいって事が
生きる意味を持つでしょう

変わる季節が 雪を降らした
歩く歩幅を 縮めたね
不安な言葉 不器用すぎて
『仕方がない』と比べた恋

離れ離れ すれ違う夜も
君の事想っていたんだ ずっと

もしかしたら明日君がいなくなる
そう考えるだけで怖かった
誰かの為に生きたいって事が
生きる意味で

例えばだよ?明日僕がいなくなる
そんな時は隣で泣いてほしい
冷たくなった手を握り締めて涙流して

昨日よりも今日の君を好きになる
そんな日々をこれからも誓うよ
いつか訪れる最期までずっと
側にいて
抱きしめて
これからも
君の隣で眠ろう

   VISUAL IS DEADへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴