感動が消えてしまった いつからだろう
乾いた朝も泥の夜も 慣れ親しめた
この音と言葉がまるで 自分じゃないようで
君の目から見る世界はいつも どんな感じ

キレイなこともありきたりなことも言えない
ずっと前から遅れてる気がした世界

何に涙し何に喜ぶ ちっぽけな居場所
たとえば君の世界のミルク それくらいのもん

天秤の仕組み それが人の仕組みだと言う
ちょっと前から気付いているよ だから今

求めてくれるのなら 俺はどこへだって行けるさ
夢や理想今しまっておけばいいから さあ気が済むまでして
曖昧なだけの日々 だから繰り返しまた逢おう
おはようもおやすみもまたねもこれから 嗚呼全部君にしたいよ

1つ1つ失ったもの まだ覚えてる
落としたか捨てたか今じゃ 分からないけど
両手いっぱい抱えるのは もう疲れちゃうから
大事な片手と小さめのバッグ それだけ

この心臓が君の羽と釣り合う日は来るかな
今求めてくれるのなら 俺はどこへだって行けるさ
夢や理想あとで追いつけばいいから さあ気が済むまでして
曖昧なだけの日々 そこにたしかに1つあるもの
おはようもおやすみもまたねもこれから 嗚呼全部君にあげるよ

感動がきえてしまった いつからだろう
僕の目から見る世界はたぶん こんな感じ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   蛇であれ 尾を喰らえへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧