一つ、二つ、三つ、四つと
終わる事の無い始まり
ぽたり ぽたり 滴る其れを
数えつつも見て見ぬ振り

幾千、幾万、幾億になり
始まる事の無い終わりへ
ぽたり ぽたり 滴る其れは
数え切れず右往左往

放し飼いの罵詈雑言が捩じ込んだ種で孕む疼き
喰い破り這い出した其れを抱けど其処に愛はあるか?

此岸は黒い雨模様の中
ずぶ濡れで嗤う人間の群れ
晴れ間に架かる黒い虹に喝采
悍ましく咲いた彼岸花

無垢が犯され斑に広がり滲んで面影も唯の黒
あの頃はどんな顔で其れを見ている?
嗚呼 兎角
染みが底無き穴の口広げ やんやと囃し奉る

両の目を引ん剝いて焼き付けた其の色は
「白」か「黒」か「極彩」か

さぁ、何色に見える?

流れる時の水鏡に映る面は皆と同じく嗤う
揺らめいた刹那に見せた面は見覚えのある涙化粧

無垢と染みとの境に蠢く魍魎 面影が見え隠れ
「生き抜く事」と「生き存える事」の差
嗚呼 産まれ
生きて死に行く事の意味が欲しいのなら…

「この指止まれ」

両の目を引ん剝いて焼き付けた其の現
己が命 影絵芝居

さぁ、何が見える?

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   無垢へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧