塵芥の命の日 お終いと始まりの日
溢れて零れた数多 喘ぎ壊れた頭
掻き毟る程霞掛かる 惑う私 惰が駆る

「彼れ」「此れ」「何れ」「其れ」並べ艶に酔えば 味を覚えた始末の悪い舌
「辛」も「酸」も鯔のつまり捻じ込んで 胃の中で泳げば皆同じ

いつの日からか目を逸らして現に夢を重ね出した
「嘘」と綴り「目出度し」とその口は呟いていた
涙で暈し滲ませようが 抉じ開け見せ付けられた

「底」に偽りはない

さぁ、手を合わせて目を閉じれば現葬送
さぁ、手を叩いて目を開けば夢葬送

刹那 綴る 重さが消える 上の空の遥か彼方
刹那 啜る 想いが消える 無味の上澄の無意味

言の葉が枯れて 風に拐かされ
舞い踊り擦れ合う音も聞こえない程 ばらばらり
紛い物の声 化粧塗れの声 嗄れて仄見えたのは「痛み」

「其処」に偽りはない


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   閃光へのコメント

はい、好き

2019-04-22

遊郭の歌詞がアナザーサイドと変わってる!
昔の曲をこんなふうに再構築してくれるの嬉しい
閃光のMVもフルで配信してくれたし、和を全面に押し出してるバンドって少ないので頑張ってほしい

2019-03-20

  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント