糸は垂れていた 救いの糸が
見えていなかっただけでそれは
目の前にあり ゆらゆらと揺れ
時に雁字搦めになる

私は思う 救いとは何を以て救われるのか
私は思う 何故にここまで苦しむのでしょう

壹 殻に閉じ籠る
貳 声に耳を塞ぐ
參 そっと目を閉じる

「ああ、そう…これで良い」

ほら 無駄に踠いている
でも それで良いのでしょう?
また 誰かが嗤っている

「ああ、そう…これが良い」

「これが私であるからこそ それ以外私に非ず」
そんな風に一体どれだけの私を殺して来たのでしょう
一人でも私を救えば それは私への裏切り
死する痛み それと向き合う事が「生きる」と言う事なのでしょう

肆 伸びた手を跳ね除ける
伍 感情を握り潰す
陸 …
漆 ……
捌 ………
玖 …………

「ねぇ…本当にこれで良い?」

今 それが全てではない
もう 気が付いているのでしょう?
ただ それを口にすれば

「私が私でなくなる」

自己犠牲に苦しんで 痛みに悶え喘ぐ
卑しい…卑しい…卑しい…卑しい…私…

誰より「人間」らしいでしょう
だけどそんな私を誰より強く愛しているのは私
あなたの為に? 誰かの為に?
違う そうじゃない…

全ては「私」の為です


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   私塗レへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧