真実と向き合うにはいつか恐怖を盾にして進む
その対価として1人になるという決意も
秒針を側で見送りながら明日明後日と過ごす
脆くも儚い涙を流す事があろうとしても

細やかな見ないフリをして平然な日常を守り抜いて
代償として積もる傷言い出せない弱さ
ふと切れる糸が見えた

あなたのその先を知らぬまま私は生きてゆくでしょう
最も容易く誰かがこの辛さを消してくれるから

例えばもしを繰り返してただ安心を並べてた
ただそれだけで噛み締める充実に安らぎを添えて
時を移さず時が流れる平坦が怖かった
幾度と進む分岐点にも次が別れ道

ただ一つの綻びが一瞬の崩壊へと繋がって
目の前がぼやけて見えないくらいに
曇天後の雨にきっときっと泣くでしょう

愛して愛されて忘れて覚えた夢
愛情と躊躇いも五分と五分の夢でした

あなたのその先を知らぬまま私は生きてゆくでしょう
最も容易く誰かがこの辛さを消してくれる
強がりな後悔で塗り潰したサヨナラは
痛いくらい幸せでした
いつか来るお別れと出会う

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ICYへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧