濃い霧の中いつも探していた僕の生きるその理由を
矛盾に満ちた心を引きずり僕はどこで眠ればいい
手のひらの中握りしめていた 役に立たないプライドも
捨て去ればすぐに楽になれるの?
答えもなく繰り返す

それでも道はまだは続いていく
後悔も諦めも弱さも全て抱きしめて
もしもその足が痛み動けなくなっても
無情にも朝は来る

暗い夜明け前
僕は擦り切れた声で歌い続けている

それでも道はまだは続いていく
後悔も諦めも弱さも全て抱きしめて
もしもその足が痛み動けなくなっても
無情にも朝は来る

それでも僕はまだ続いていく
悲しみを綴ったこの歌もあなたに届くなら
もしもこの痛みを分かち合えるとしたなら
それを何と呼ぶのだろう

暗い夜明け前
誰も孤独を抱きしめ祈り続けている

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   R.I.P.へのコメント

解離性イデオロギーが好き
ずっと聴いてる

2022-04-04

  歌詞閲覧履歴