空は綺麗だった 息が詰まるくらい
誰かが呼んでる気がして振り向いた

オルガンがどこかで響いて
ほころびた 僕のガーゼをなでた

遠く何かを願ってもキラキラと散らばってしまう
ひとり置き去りの僕はもう飽きてしまったのに

僕は知ってるんだ 終わりが来る事を
気づかないふりでこころを閉ざしても

うまく口笛が吹ける日を
待ち続けて また空を見上げた

遠く何かを願ってもキラキラと散らばってしまう
ひとり置き去りの僕はもう飽きてしまったのに

空へ堕ちる夢で目覚めて 涙があふれた
それはまるで嘘みたいだった―――。

遠く何かを願ってもキラキラと散らばってしまう
ひとり置き去りの僕はもう飽きてしまったのに

オルガンがまた聞こえた

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Plastic Tree Single Collectionへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧