踊る不感症の枯れ葉が 毀れていく頃
華やぐサァカスがやって来る
それは孤独に溺れた魚の目をした
ボクへの最初で最期の鎮魂歌

目隠し少女はひとり綱渡り 何故かボクと重なる

彩虹を強請るテントで手を合わせて「祈り」を
「どうかこのまま時計のネジが止まりますように」

それはキャラメルの夕陽に溶けた錆びた
この街への最初で最期の鎮魂歌

戯けたピエロの空中ぶらんこ 潰れた苺みたいに…

彩虹を強請るテントで手を合わせて「祈り」を
「どうかこのままバロンのネジが止まりますように」

本当はサーカスなんて興味はなくて…(本当のホントは怖くて)
ただその時間だけはバロンを独り占め出来たから

psychoを強請るテントで手を合わせて「祈り」を
「どうかこのまま世界のネジが止まりますように」
望みもしない命で捨てられたボクを
教会を透して笑う 彩二次、降りそそぐ月


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   jewel’s dRIPへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴